こども支援

やがて社会に船出する子どもたち。
安全に、安心して、自分らしく。
こんな誰もが望む地域生活をおくっていけるように。

幼児期から学齢期までのお子さまが活動や遊びを通して
「わかった!」「できた!」「自分をわかってくれる人がいる!」
こんな“ごくふつうの”気持ちを持ちながら歩めるように。


施設紹介

児童発達支援のための「こどもセンター ひかりの子」と
放課後等デイサービスの「発達支援部 YY(わいわい)」で、お子様の成長と発達を支援します。

建物外観
玄関(靴入れ)
玄関(棚)
事務室
遊戯室
遊戯室
指導訓練室

指導訓練室

児童発達支援

こどもセンター ひかりの子

障がいや発達に弱さを持つ幼児期のお子さんを対象に、ひとりひとりにふさわしい環境を提供し、お子様の成長と発達を支援します。
お母様やご家庭の子育ての悩み、心配事を一緒に考えていきます。

発達を支援します

  • 生活面(食事・排泄・着脱等)
  • 運動面(ボディイメージ・感覚統合遊び等)
  • 視覚的認知と手の操作向上
  • ことば・コミュニケーション支援
  • 対人・社会性に関すること
  • 行動・情緒に関すること
  • 集団参加への取り組み  等

できた達成感を積み上げていくことで、自信をつけその後の自発的な行動や意欲につなげ、将来にわたって必要な「自己肯定感」を徐々に育んできます。

ご家族と共に考えます

年齢や発達年齢に合った運動遊びや創造遊びなど、様々な遊びを提供し、家庭での豊かな生活に広げていきます。
心配な行動については話し合い、具体的にわかりやすい場面の設定の仕方を一緒に考えます。
就園・就学に関する説明や個別相談に応じます。
「子どもの育ちを支える力」を向上できるように共に取り組んでいきましょう。

地域生活を応援します

並行通園の保育所等や他事業所と情報を共有し、協力します。
個々のニーズに応じた丁寧な支援が必要であるという認識に立ち、一人ひとりの個性と能力に応じた支援を行うことができる体制を地域の中でつくっていくことができるように活動します。

プログラム内容

来所 あいさつ、荷物の整理、出席面へのシール貼り、手順書や誘導により自分でできる習慣を身につけます。
ワーク(自立課題) 一定量の作業の中で視覚的認知と手の操作の巧緻性向上を図ります。
自由遊び 遊びを通して友達とのやりとり、社会性を育みます。物や遊具を使う遊びでは姿勢を調整します。
朝・帰りの会 楽しい雰囲気で集団や友だちに合わせて順番を待ったり、行動調整できるようにします。呼名に対してのお返事、対面しての関わり練習、手遊び、絵本読み聞かせ等。
運動 身体感覚、ボディイメージを意識できる遊びや運動を取り入れます。公園に出かけ遊具を使って身体機能を高めます。
リズム体操 五感や前庭覚、固有感覚等を楽しい環境の中で刺激します。
創作活動 いろいろな道具や素材を使い、感覚や使い方を経験します。指示を明確にし、始まりと終わりを意識できるようにします。
昼食 食具の使い方や姿勢、食べ方を調整したり、清潔への意識、準備や片付けの意識を高めます。

児童発達支援,保護者向け/事業所職員向け,アンケート結果発表

放課後等デイサービス

こどもセンター ひかりの子

発達支援部 YY(わいわい)

学齢期

家族中心の関係から社会的な関係へ拡大し、好奇心・探究心を持ち、実行したことへの充実感とともに勤勉性を養います。また、様々な生活体験を通して協調的に社会参加していくための基盤を培うようにしえんします。

思春期

身体的変化、精神的変化の混乱する過程で、共通の立場にある仲間とお互いに共感できる環境設定とともに、就労などの次のステージに向かう力が芽生えるように支援します。

支援の視点

発達支援

  • 自己肯定感の育成
  • 他者理解、自己理解
  • 仲間形成
  • 自己表現力の獲得
  • 自己コントロール方法の獲得
  • 勤勉性、取り柄の獲得
  • 将来必要なスキルの獲得

ソーシャルスキルの獲得

  • 小集団における社会性の芽生え
  • 集団における行動スキルの獲得
  • 個人のソーシャルスキルの獲得

余暇支援

  • 好きな遊びを見つける
  • 趣味や嗜好を広げる
  • 趣味を確立する

支援機能

発達支援

  • 療育の継続
  • 特性に応じた個別の支援
  • 年齢に応じた遊びの支援
  • 余暇の過ごし方、交友関係の支援
  • 生活スタイルの探求

家族支援

  • 関わり方に関する助言
  • 子どもとの関係性の調整
  • 家庭における本人の役割の調整
  • 制度の利用や自立のための方法の助言

地域連携

  • 家庭、学校、事業所間の共通理解を図るための連携
  • 特性に応じた環境整備や支援方法についての連携
  • 卒業後の支援方法をつなぐための連携

プログラム内容

来所 あいさつ、荷物の整理、手順書や誘導により自分でできる習慣を身につけます。
自立課題(ワーク) 「できる」部分を評価し、できそうな部分に気づき自分でやろうとする。一定量の作業の中で視覚的認知と手の操作巧緻性向上を図ります。
自由遊び 遊びを通して友だちとのやり取り、社会性を育みます。物や遊具を使う遊びでは姿勢を調整します。
始まり・帰りの会 楽しい雰囲気で集団や友だちに合わせて順番を待ったり、行動調整できるようにします。自分の気持ちの発表や当番を確認していきます。
ソーシャルスキルトレーニング(SST)
通称:なかよしタイム
集団の中でゲームやクイズ、テーマに関するロールプレイングを通して社会的技能の力をつけて人との付き合い方のコツを身につけます。
運動 身体感覚、ボディイメージを意識できる遊びや運動を取り入れます。公園に行き、屋外でのびのびと身体を動かします。
創作活動 いろいろな道具や素材を使い、感覚や使い方を経験します。指示を明確にし、始まりと終わりを意識できるようにします。
ミニクッキング おやつをグループで協力して作ります。
買い物の練習 近くのコンビニエンスストアで一定額のお金を持って自分で選んでおやつを購入します。

放課後等デイサービス,保護者向け/事業所職員向け,アンケート結果発表